3Dオブジェクトをセットアップするためのデータの準備について

<読み込める3Dファイルの形式>
CLIP STUDIO MODELER 形状ファイル(拡張子:csmf) / fbx / 6kt / 6kh / lwo / lws / obj


■3Dファイルを書き出すときの参考

たとえば、ソフトによって以下のような書き出し方法があります。

<LightWave>
lwo : lwo2で書き出しを行ってください。
lws : LW6.0形式で書き出しを行ってください。

・lws作成手順
※コンテンツのディレクトリ名称やファイル名称、画像ファイル名などには、日本語やスペース、記号を含まないようにしてください。
① LightWave Modelerで使用するテクスチャをLightWaveがインストールされているフォルダ内の「Objects」フォルダに保存します。
② LightWave Modelerでモデルを作成します。(テクスチャを使用する場合は①で保存したデータを使用します。)
③ LightWaveをインストールしているフォルダ内の「Objects」フォルダにlwoを保存します。
④ ③で作成したlwoをLightWave Layoutに読み込み、LightWaveがインストールされているフォルダ内にlwsを保存します。
⑤ lws, lwo, texutureファイルを以下のように並べ直してください。
<LWS Directory>/***.lws
<LWS Directory>/Objects/***.lwo
<LWS Directory>/Objects/***.png, ***.jpg
⑥ ClIP STUDIO MODELERで作成したlwsを読み込みます。

<Blender>
fbx : FBXをエクスポート→バージョン:[FBX 6.1 ASCII]で書き出しを行ってください。

<CLIP STUDIO MODELER (3D形状)>
csmf : [面の属性]の[曲面にする]を使用した場合は、[線操作]→[曲面形状を等分割]を使用して事前に分割を行ってください。

▼3Dオブジェクト素材をセットアップする流れに戻る

3Dキャラクター(ボーン無し一体型)をセットアップするためのデータの準備について

<読み込める3Dファイルの形式>
CLIP STUDIO MODELER 形状ファイル(拡張子:csmf) / fbx / 6kt / 6kh / lwo / obj


■3Dファイルを書き出すときの参考

たとえば、ソフトによって以下のような書き出し方法があります。

<LightWave>
lwo : lwo2で書き出しを行ってください。

<Blender>
fbx : FBXをエクスポート→バージョン:[FBX 6.1 ASCII]で書き出しを行ってください。

<CLIP STUDIO MODELER (3D形状)>
csmf : [面の属性]の[曲面にする]を使用した場合は、[線操作]→[曲面形状を等分割]を使用して事前に分割を行ってください。

▼3Dキャラクターをセットアップする流れに戻る