CLIP STUDIO PAINTには、人物を描くときに難しいポーズやアングルのアタリとして活用できる「3Dデッサン人形」が素材として収録されています。

リアルな体型のデッサン人形と、マンガ・アニメ体型のデッサン人形の2種類(各男女)が収録されています。

見ながら描いたり、なぞって作画の参考にしたり、ネームや下描きに配置してそのままペン入れをするなど、使い方は自由です。
CLIP STUDIO PAINTのデッサン人形は、身長、頭身、体型を調整できるため、キャラクター設定の資料として活用することもできます。

はじめのうちは、少し操作が難しいと感じるかもれませんが、ポーズ素材を活用しながら、いろいろなポーズ・角度の作画にチャレンジしてみてください。

手順             

①3Dデッサン人形は、[素材]パレット→[3D]→[体型]に素材として収録されています。[素材]パレットからキャンバスにドラッグ&ドロップして使用します。

②[ツールプロパティ]パレット、[サブツール詳細]パレットで体型・身長・頭身を調整できます。
また、肩や手足などパーツごとに細かく調整することもできます。

③キャンバス上の3Dデッサン人形は、マニピュレータを使って自由にポーズを変えられます。



デッサン人形の動かし方などの使い方について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。