13.仕上げ (4)全体の調整

3,551 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]線画の調整

主役のアリスと手前のハンプティーが少し目立たなくなったので、線を強調させます。


<アリス>

①アリスのフォルダーの中にレイヤーを追加し、線画の色で塗りつぶし、線画レイヤーで範囲を作り、外側を削除します。

詳しいやり方は第3回を参照してください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/1269


②作成したレイヤーをフォルダーの下に配置し、[フィルター]メニュー→[ぼかし]→[ガウスぼかし]でぼかします。元のフォルダーと追加したレイヤーはフォルダーにまとめました。


<ハンプティー>

アリスと同じ方法で線画を強調します。


[2]手前側キャラクターの調整

アリスに一番ピントがあっているイメージを作るため、近景はぼかしを少しかけます。


手前側のカードのQを少しぼかします。

①トランプ以外のレイヤーをすべて非表示にします。


②右クリック→[表示レイヤーのコピーを結合]で結合します。


③Qだけが入るように選択範囲を作り、[選択範囲]メニュー→[選択範囲を反転]で反転させます。


④選択範囲内を削除して、カードのQだけにします。


⑤非表示にしていたレイヤーを元に戻し、作成したレイヤーをぼかして不透明度を下げます。


ハンプティーも同じ要領でぼかしを入れます。ハンプティーもフォルダーでまとめておきます。


[3]背景の調整

背景にブルーを足しました。


一番上のフォルダーを選択して、[レイヤー]メニュー→[新規色調補正レイヤー]→[カラーバランス]で、全体的に色を調整します。

アリスのメインカラーである青を影色としてやや強め、絵全体にあるイエローの光の感じを強めるためハイライト項目では黄色寄りに色を選択して絵の調和性を高めます。


仕上げに全体的に夢の国っぽさを付与するため、質感ブラシでもやっとさせていきます。

ここではエフェクトを描く際などに、自分がよく使用しているエフェクト用のブラシを使用します。

砂利をスキャンして制作したもので、水面の質感など意外と色んな場面に使えます。


[4]エフェクトの追加

アリスは薬を飲んでだんだん大きくなっているところを想定しているので、魔法っぽいエフェクトを追加します。

本来血痕などを描く際に使用する小いさ飛沫が飛び散るようなブラシを使用しています。


[覆い焼き(発光)]のレイヤーでエフェクトを追加し、エフェクトのレイヤーをコピーしてぼかします。


全体のバランスを見て問題なければ、完成です。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着