3.準備

92,217 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

ここではイラストを描くための基本的な準備について解説します。


キャンバスのサイズや解像度を変えてみよう

CLIP STUDIO PAINTを起動すると、キャンバスが自動生成されます。

自分で決めた設定のキャンバスを作りたい場合は、設定の変更をするか、新しいキャンバスを作成する必要があります。


<設定の変更をする場合>

[編集]メニューから[画像解像度を変更]または、[キャンバスサイズを変更]を選択します。

[画像解像度を変更]の場合、「幅」と「高さ」の値が比例して拡縮できます。


[キャンバスサイズを変更]の場合、「幅」と「高さ」の値が自由に拡縮できます。


<新しいキャンバスを作成する場合>

[ファイル]メニューから[新規]を選択します。[新規]ダイアログで、「作品の用途(PRO/EX)」、「幅」、「高さ」、「解像度」、「基本表現色(PRO/EX)」などを設定し、[OK]ボタンをクリックします。


【POINT】

·[既定のサイズ]としてプリインストールされている設定もあります。[プリセット]のプルダウンメニューをクリックすると一覧が表示され、キャンバス設定を選択できます。

·[プリセット]の右にある[プリセットに登録]をクリックすると、[新規]ダイアログで決めた設定を、[プリセット]に追加できます。

·PRO/EXをお使いの場合、[作品の用途]を選択すると、用途に合わせた設定項目が表示されます。

·[プリセット]は、[作品の用途]の項目ごとに管理されます。[プリセット]を登録したときと同じ項目か、[すべての設定を表示]を選択すると、登録した[プリセット]を使用できます。


描画ツールで試し描きをしてみよう

まずはキャンバスに線を引いてみましょう。

ペンタブレットでは力を強く入れると線を太く、弱くすると線を細く引くことができます(筆圧に合わせてサイズが変化します)。描画ツールには、[ペン]、[鉛筆]、[デコレーション]など様々なツールがあります。


試し描きをしたものは、[Delete]キーを押すと画面全体を一括削除できます。


<Tips:操作を間違ってしまったら>

操作を間違ってしまっても、PCの操作は前の状態に戻すことができます。[ツール]バーの[取り消し]ボタンをクリックすると、操作をひとつ前に戻すことができます。


筆圧を調整しよう


CLIP STUDIO PAINTは、ブラシごとに筆圧を設定することもできますが、ここでは、筆圧を使用するすべてのツールに対して、筆圧のかかり方を調整できる機能を紹介します。

[ファイル]メニュー(macOS/iPadでは[CLIP STUDIO PAINT]メニュー)→[筆圧検知レベルの調節]を選択すると、[筆圧の調整]ダイアログが表示されます。

ペンを使って筆圧の強弱を意識しながら、キャンバス上で描画します。

描画が終わったら、[調整結果を確認]をクリックします。

[調整の確認]ダイアログが表示されたら、[筆圧の調整]ダイアログで設定した内容が反映された状態で描画できます。

ペンを使って、キャンバス上で描画を試します。

[もっと硬く]や[もっと柔らかく]をクリックすると、より詳細に筆圧検知レベルを調整できます。

何度か描画を試してみて、描きやすい設定になったら、[完了]をクリックします。

すべてのツールに筆圧の強さに合わせた設定が適用されます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着