ドラゴンファイトシーンの描き方

818 view

1.ドラゴンボディの特徴と構造を参照してください

2.ドラゴンのさまざまな顔の特徴と角度

3.ドラゴンの動きと姿勢

4.ドラゴンスパーリングシーン(ドラフトドラフト)

スパーリングシーンで演じるのはアイスドラゴンとブラックドラゴンを選びます

1.アイスドラゴン
氷山の構造と結晶を参照して、氷竜の体を作成します。ドラゴンボディのメインカラーは白と青で、氷のように冷たい効果を生み出します。

まず、ドラゴンファイトシーンのドラフトを描きます。

ベースカラーとしてグレーを使用し、次にアイス蛇口のベースとしてホワイトを使用し、次にライトピンクブルーとエメラルドグリーンを使用してアイスカラーを作成します。紺色のフックの外縁を混色で染め、紺色の線染めを作り、氷の蛇口の氷のダイヤモンド層の立体感を演出します。

周囲に白いフックを使用し、次にスプレーガンを使用して周囲に雪片を追加し、ドライアイスで煙の効果を作成します。

目は真っ赤で澄んでいます。

歯は白と青で、スプレーガンを使って氷の煙の効果を吹きます。

アイスドラゴンの胸は紫色で、白い鱗が追加されています。

氷竜の手の描画方法は、氷竜の頭と同じですが、竜の手と胸に白い鱗と氷の針が追加されています。

2.ブラックデビルドラゴン
ダーククイーンと火山の構造を参考にすると、ドラゴンの主な体色は黒、紫青、エメラルドグリーンでダークな効果を生み出しています。

黒魔術の竜の頭は紫と青、次に赤とたくさんの黒で描かれています。水色のフックの外縁を混色で染めて水色の線を染めた後、黄色の模様を加え、フックの外側に黒色の混色(指先)を使ってムラのある効果を出します。暗い邪悪な効果を作成します。

目はシアンで澄んでいます。

歯は茶色と白で、次に黄色と緑色の光が口に加えられて火の光を作ります。

ドラゴンの体の主な色は紫青と黒です。腹部に多数の大きな鱗がエメラルドグリーンで追加され、白い神経線と赤い線が追加されています。
次に、黒と混色(指先)のフックを使用して、外側をざらざらさせます。

黒鬼竜の羽の裏側は火成効果のために赤と黒を多用し、幻想効果のために羽を使用しています。

最後に、背景には、黒いドラゴンが現れる氷山と火山岩の影、そして雪と風が吹く雪が追加されます。終了!

コメント

新着

公式 新着