新しい混色を体験してみよう -Ver.2.0-

345,808

ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

 

CLIP STUDIO PAINT Ver.2.0.0に新しい混色方式が追加されました。

新しい混色方式では、色の組み合わせによっても変わりますが、おおむね従来の混色よりも色がくすみにくく、リアルで鮮やかに描画できます。

 

左:従来の混色[通常] / 右:新しい混色[知覚的]

 

新しい混色方式は、[下地混色]がオンに設定されている、色を混ぜながら塗れるブラシで使用できます。

 

[1]既存のサブツールの設定を[サブツール詳細]パレット(PRO/EXのみ)で[混色方式]を変更するか、または、[2][初期サブツールの追加]から新しい設定の初期サブツールを追加してください。

 

左:従来の混色[通常] / 右:新しい混色[知覚的]

 

[1]既存のサブツールを新しい混色に変更する

 

Ver.2.0以前のバージョンからアップデートした場合は、使用しているサブツールの設定は変更されません。新しい混色を使用したい場合は、[サブツール詳細]パレットで設定を変更してください。

 

[サブツール詳細]パレット→[インク]→[混色モード]:[知覚的]

 

■混色モード

[通常]:従来の混色方式で描画されます。

[知覚的]:新しい混色方式で描画されます。

 

■輝度の補正

[知覚的]に変更すると、[輝度の補正]を設定できるようになります。

[輝度の補正]では、混色したときの色の明るさを5段階で設定できます。

 

[輝度の補正] 

 

[混色モード]の設定は、[色の変化](ブラシ先端色の変化・ストロークごとのランダム変化)にも適用されます。

 

左:従来の混色[通常] / 右:新しい混色[知覚的]

 

【Note】ベクターレイヤーでの動作

混色モード[知覚的]は、ベクターレイヤー上では、[色の変化]→[ストロークごとのランダム変化]のみ使用できます。

 

左:従来の混色[通常] / 右:新しい混色[知覚的]

 

 

[2]新しい設定のサブツールを追加する

 

CLIP STUDIO PAINT DEBUTを使用している場合や、今使用しているサブツールの設定を変更せずに、新しい設定の混色ブラシを使用したい場合は、[サブツール]パレット左上の[メニュー]→[初期サブツールを追加]からサブツールを追加できます。

 

▼Ver.2.0.0から設定の変わったサブツール名の後ろには、[Ver 2.0]の表記があります。

 

[初期サブツールを追加]ダイアログで追加したいサブツールを1つ選択後に、[追加]ボタンを押すと、[サブツール]パレットに新しい設定の初期サブツールを追加できます。複数追加したい場合は、この操作を繰り返します。

 

【POINT】

Ver.2.0から、[初期サブツールを追加]ダイアログの[追加]ボタンで、ダイアログを閉じることなく複数の初期サブツールを追加できるようになりました。

 

[3]パラメータを変更した初期サブツール

 

[知覚的]に設定すると、[通常]よりも色が混ざりやすくなる傾向があります。

以下の初期サブツールは、Ver.2.0から混色モードの初期値を[知覚的]にするほか、[絵の具量][絵の具濃度][色伸び]のパラメーターを[知覚的]に適した値に調整しています。

 

[鉛筆]ツール→[パステル]グループ→ [クレヨン]

[鉛筆]ツール→[パステル]グループ→ [パステル]

[鉛筆]ツール→[パステル]グループ→ [チョーク]

 

[筆]ツール→[水彩]グループ→ [ウェット水彩]

[筆]ツール→[厚塗り]グループ→ [ガッシュ]

[筆]ツール→[厚塗り]グループ→ [ドライガッシュ]

 

Ver.1.13.2以前のサブツールを追加したい場合は、CLIP STUDIO ASSETSで公開している素材集をご利用ください。

 

コメント

新着

公式 新着