6.仕上げ

6,035 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]加筆・微調整

テクスチャやグラデーションを重ねて調整すると、全体的なまとまりを作ることはできるのですが、立体感やコントラストが薄くなっていきます。

仕上げとしてテクスチャレイヤーの下に「加筆」レイヤーを作り、照り返しや影など細かい加筆で立体感を持ち直させます。


このとき、照り返しなども入れると、画面がぐっとしまってきます。

照り返しを描いている「加筆」レイヤーの合成モードは[通常]です。


[エアブラシ]ツールの[飛沫]ブラシを使い、水の中らしい泡も加筆します。

薄い水色で描画し、レイヤーの不透明度を60%、合成モードを[覆い焼きカラー]に設定しました。


[2]全体的な色調補正

仕上げが終わり完成イラストを見ると、少し暗い印象がありました。


[レイヤー]パレットの一番上に色調補正レイヤーを作成して、全体の色を調整します。


[レイヤー]メニュー→[新規色調補正レイヤー]→[明るさ・コントラスト]を選択します。


・明るさ:10

・コントラスト:18


色調補正が済んだら完成です。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着