思い通りの線を描くためのペン・ブラシの調整

8,905 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial


CLIP STUDIO PAINTで思い通りの線を描くために、筆圧やブラシの設定を調整してみましょう。


初期状態のままでも問題ありませんが、調整することでより自分に合った設定を見つけることができます。筆圧やタッチの好みなどは人によって異なるため、納得がいくまで何度か調整してみるとよいでしょう。


https://youtu.be/8glY2OlTIGw


手順                  

■筆圧の調整方法


キャンバスが開かれている状態で設定します。

[ファイル]メニュー(macOSでは[CLIP STUDIO PAINT]メニュー)→[筆圧検知レベルの調節]を選択して[筆圧の調整]ダイアログを表示します。


ペンを使って筆圧の強弱を意識しながら、キャンバス上で描画します。


[調整結果を確認]をクリックすると、[調整の確認]ダイアログが表示され、キャンバスに調整結果のペンで描画ができます。

[完了]をクリックすると、すべてのツールに筆圧の強さに合わせた設定が適用されます。


筆圧検知レベルの調整について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

[PC]

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/726#d8106005

[iPad]

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/514



■ペン・ブラシの調整


ペン・ブラシの[サイズ]、[入り抜き]や[補正]などの調整は、[ツールプロパティ]パレットで行います。

[サブツール詳細]パレットでは、[ツールプロパティ]パレットに表示されていない、さらに詳細な項目を設定できます。


画面上にパレットが表示されていない場合は、[ウィンドウ]メニュー→[ツールプロパティ][サブツール詳細]をそれぞれ選択すると表示されます。

※[サブツール詳細]パレットは、DEBUTではご利用いただけません。


ツールに個別に設定できる筆圧設定・プロパティの調整機能について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/563


オリジナルの画像を使ったブラシの作り方については、こちらの記事をご覧ください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/535

コメント

関連する記事

新着

公式 新着