CLIP STUDIO PAINTで線や図形などを描くときには、[ベクターレイヤー]が便利です。ベクターレイヤー上でペン・ブラシなどの描画系ツールや図形ツールを使用すると、ベクター形式で線が描かれます。
※ベクターレイヤーは、DEBUTではご利用いただけません。

<ベクターレイヤーとは?>
通常のレイヤー(ラスターレイヤー)のように色を塗りつぶしたりフィルターで加工したりすることはできませんが、線を描画することが得意なレイヤーです。
ベクターレイヤーに描画した線は、後から線の種類や太さ、形を自由に調整できます。拡大・縮小しても線が荒れません。

手順                  

①ベクターレイヤーは、[レイヤー]メニュー→[新規レイヤー]→[ベクターレイヤー]から作成するか、[レイヤー]パレットの[新規ベクターレイヤー]を選択して作成します。

②ペンやブラシなどの描画系ツール、図形ツールを使用します。なるべく長いストロークで描画しておくと、後から調整しやすくなります。線の歪みなどは[オブジェクト]ツールで調整します。

③線の太さや種類は、[オブジェクト]ツールを選択した状態で[ツールプロパティ]パレットから変更できます。

また、ベクターレイヤーでは、線が交差している部分までを消せる[消しゴム]ツール→[ベクター用]なども利用できます。

ベクターレイヤーについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ベジェ曲線の使い方