イントロとサムネイル

29,177 view

みなさん、こんにちは、私は漫画アシスタントのプリムラです。

背景のトピックは私にとって非常に大切です。なぜなら、私はいつも私の好きな漫画の背景のように見える背景を描きたかったからです。都市の景観は私の個人的なお気に入りですが、残念ながら初心者のときに特定の助けを見つけることができませんでした。そのため、背景は多くの人にとって難しいテーマであることを知って、チュートリアルを作成することにしました。

背景は、一般的に漫画や漫画では、シーンが発生している場所を特定したり、別のシーンへの移行をマークしたりするために不可欠です。読者があなたの物語の雰囲気に夢中になることができるように、コミックの最初のページに大きく詳細な背景を持つことが重要です。

このチュートリアルでは、次の手順を説明します。

-サムネイル
-透視定規の設定
-リファレンスを使用してゼロから新しいシーナリーを作成する
-製図
-インク
-仕上げ

警告:

-このチュートリアルは、完全な初心者には向かない場合があります。しかし、私はそれがあなたの学習の旅であなたをまだ助けることができると思います。

-このチュートリアルでは、写真または3Dから背景をトレースまたは抽出する方法については説明しません。独自の背景をゼロから作成するためのヒントを提供しています。ただし、背景抽出は依然として背景アートを作成するための一般的な方法であるため、今後はそれについてチュートリアルを行うことを検討するかもしれません。

始めましょう!

サムネイル:
1- Clip Studioを開き、[ファイル]> [新規]に移動して、[コミック]を選択してください。商業漫画は通常B4サイズの原稿で実行されますが、A4は同人誌でより一般的に使用されます。

このチュートリアルでは、B4サイズを使用します。 OKをクリックします。
オプション:ウィンドウ上部の「ファイル名」スペースにページを数えます。このファイルを「Page001」と呼んでいます。

2-これでページができたので、これが架空の漫画の最初のページであると判断しました。
これは、確立ショットのために大きなパネルを描く必要があることを意味します。

既存のラスターレイヤーをベクターレイヤーに変換します。上記で、表現の色として「モノクロ」を選択します。

図形ツール(U)を選択し、直線を選択します。通常、サイズを12〜14ピクセルに設定します。

日本の商業原稿では、マンガの巻の最初のページの装丁側が右側にあり、その線を超えたスペースに描画すると、図面が勝ったため、ページの描画スペースを区切るために線を描画します完成品では読めません。
したがって、偶発的なシリアル化のために描画する場合は、左側にこの線を描画します。

私は正確であることを気にかけないことがわかります。これは、ベクター消しゴムを使用してアクセスを消去するからです。
余分な線をクリックするだけで、通常の消しゴムツールのように行を移動することなくそれらを消去します。これは、インキングプロセスの時間を節約するため、背景を描画する非常に強力なツールです。

ベクター消しゴムはベクターレイヤーでのみこのように機能することに注意してください。

これでパネルができました!

(この方法では作業が速くなるため、パネルツールはあまり使用しませんが、パネルツールでも同じことができます。)

3-サムネイルの描画を開始できます。
サムネイルは、パネルに配置する形状と、コンポジションの一般的な展開を示す必要があります。

きちんとしたスケッチは製図段階で描かれるので、今何をしているのか心配する必要はありません。


新しいフォルダー(Panel1という名前)とその中に新しいレイヤーを作成します(ここでは、ベクターであるかどうかは関係ありません)。サムネイルに名前を付けます。

そこで、都市の景観に最初のシーンを配置したいとします。作曲の角度を選択し、記憶からボリュームを引き出します。

コメント

新着

公式 新着