2.キャンバスの操作方法

7,127 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

描画とタッチジェスチャー

■基本的なタッチ操作


・取り消し:2本指でタップ

間違って描いてしまった線や操作を取り消すことができます。


・やり直し:3本指でタップ

取り消した操作をやり直すことができます。


・キャンバスを拡大縮小:2本指でピンチ

2本の指を広げたり狭くしたりすることで、キャンバス表示を拡大・縮小できます。


・キャンバスを移動([手のひら]ツール):2本指でスワイプ

2本の指を画面上でなぞると、[手のひら]ツールのようにキャンバス上を移動できます。


筆圧に対応していない端末で入り抜きをつける

以下の3つのサブツールは、[入り抜き]が設定されています。[入り抜き]を設定すると、筆圧に対応していない端末でも線の始まりと終わりを細くしたり薄くしたりできます。


・[鉛筆]ツール→[鉛筆]→[入り抜き鉛筆]

・[筆]ツール→[リアル水彩]→[入り抜き水彩]

・[ペン]ツール→[ペン]→[入り抜きペン]


他のペン・ブラシ・消しゴムなどの描画ツールで同じように線の強弱をつけたい場合は、[ツールプロパティ]パレットの右下にある工具ボタンをクリックして表示される[サブツール詳細]で、[入り抜き]を設定します。


[入り抜き]について詳しい設定方法は、以下で解説しています。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/563#f1152223


筆圧の調整

3D Touch に対応している端末をお使いの場合は、指で描画するときの筆圧検知レベルを調整できます。


①[メニュー] をタップし、[アプリ設定]→[筆圧検知レベルの調節]を選択します。


②[筆圧の調整]ダイアログで調整します。

普段の筆圧で、意識的に強弱をつけながら、キャンバスに線を描き、[調整結果を確認]をタップします。


【POINT】

ワコム製のスタイラスペンを使用する場合は、②でキャンバスに線を描く前に[ワコムスタイラスペンをご利用の場合]をタップします。ダイアログを上にスワイプすると、ワコム製のスタイラスペンを使用する場合の利き手や、手の位置を設定するための項目が表示されます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着