AIを使用した機能を作品に役立てよう

27,763 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINTには、「自動彩色」「ポーズスキャナー」「トーンを消去」といった機械学習(AI)を使用した機能が搭載されています。最新の機能を作品制作に役立てましょう!


自動彩色

線画のレイヤーを全自動で彩色できる機能です。彩色されたレイヤーが線画と別に作成されます。

線画のレイヤーを選択し、[編集]メニュー→[自動彩色]→[全自動彩色]を実行します。


また、色を指定して塗ることもできます。

線画のレイヤーを[参照レイヤー]に設定し、色を指定したレイヤーを選択した状態で、[編集]メニュー→[自動彩色]→[ヒント画像を使って彩色]を実行します。


ポーズスキャナー

写真を読み込んで、写真に写っている人物のポーズを3Dデッサン人形につけられます。

キャンバスを開いた状態で[ファイル]メニュー→[読み込み]→[ポーズスキャナー(画像)(先行プレビュー)]を実行し、写真と使用する3Dデッサン人形を選択します。


キャンバス上の3Dデッサン人形や3Dキャラクター素材がある場合は、[ツールプロパティ]パレットや[オブジェクトランチャー]の[ポーズスキャナー(画像)(先行プレビュー)]を選択しても、写真からポーズをつけられます。


トーンを消去【EX】

選択中のレイヤーから、トーンを消去したり、トーンをグレー化したりできます。

アナログのマンガ原稿や、レイヤーが統合されているファイルを読み込んだときに便利です。



■トーンを消去


レイヤーを選択し、[編集]メニュー→[トーンを消去(先行プレビュー)]→[レイヤー画像からトーンを消去]を実行。



■トーンをグレー化


レイヤーを選択し、[編集]メニュー→[トーンを消去(先行プレビュー)]→[レイヤー画像のトーンをグレー化]を実行します。


AIを使用した機能について詳しくは、リファレンスガイドをご覧ください。

https://www.clip-studio.com/site/gd/csp/manual/userguide/csp_userguide/010_preface/010_preface_for_ai.htm

コメント

関連する記事

新着

公式 新着