Clip Studio Paintでベクターレイヤーを使用してラインアートを作成する方法

4,448 view

こんにちは!この記事では、Clip Studio Paintでラインアートを作成する方法を紹介します。

これは、Clip Studio Paintシリーズの最初のチュートリアルです。

そして最初に、基本的なツールから始めますが、それほど重要ではありません。

図面をきれいにすることです。このために、以前に作成したスケッチをお持ちします。

マンガスタイルの女性の顔の描画:

この図面は、その方法を次のビデオで示しました。

マンガの描き方-女性の顔(ビデオチュートリアル)

https://youtu.be/YD1oMHSJ3g4

次に、作成した図面を使用して、Clip Studio Paintでラインアートを作成します。次のチュートリアルで確認します。

Clip Studio Paintでベクターレイヤーを使用してラインアートを作成する方法(ビデオチュートリアル)

https://youtu.be/CNRcZXTVO74

チュートリアルについてどう思いましたか?

ビデオ設定で、あなたの言語の字幕を忘れずに有効にしてください。

パネルの横にあるClip Studio Paintインターフェイスに出会いました。

また、作成できるレイヤーの種類、«Lineart»用の特別なレイヤー、«Vectorレイヤー»も確認しました。

そのレイヤーでは、«Pen»または«Pen»ツールを使用し、そのツールに使用するブラシは«Real G»です。これは、日本のマンガカが使用するペンGに最も似ているペンです。

「安定化」ツールの構成方法も確認しました

また、ツール「ブレード」と非常によく似た機能を果たす「ゴムベクトル」というツールがあります。これは、役に立たないストロークをカットすることです。

「ベクターラバー」ツールを適用せずに

「ベクターラバー」ツールを使用

ストロークを次のように表示できます。

ベクターレイヤーを使用した図面の線画

このドローイングをどのように進めていくのか見てみたいですか?

疑問がある場合は、この記事の下にコメントを残すことができることをすでに知っています。

Clip Studio Paintのチュートリアルを見続けますか?

あなたの答えが肯定的であれば、コメントに残してください。

あなたがとても元気で、次回まで、挨拶をします!

コメント

関連する記事

新着

公式 新着