Webtoon制作のための便利な機能

128,854

ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

CLIP STUDIO PAINT Ver.1.10.5対応

 

Webtoon向けのキャンバスを作成しやすくなりました

[新規]ダイアログの[作品の用途]に[Webtoon]が追加されました。プリセットから、Webtoon向けのキャンバスが選択できます。

 

 ■Webtoonのページ設定[EX]

EX版では、[ページ設定]の[ページ分割数]や[複数ページ数]を設定することで、複数ページ管理機能が使えます。

 

・[ページ分割数]…設定した分割数で、[キャンバス]の[高さ]をページに分割した複数ページ作品が作成されます。

 

・[複数ページ数]…[高さ]で設定した[キャンバス]を1ページとして、複数ページ作品が作成されます。

 

 ■Webtoonの[ページ管理]ウィンドウ[EX]

Webtoonの複数ページ作品は、製本作品向けの見開き表示ではなく、Webtoon向けに上から下に表示されます。また、2列以上表示可能な幅があれば、左から右に折り返して表示されます。

 

折り返し方向は、[ページ管理]メニュー→[Webtoon作品の折り返し方向]で反対にすることもできます。

 

[表示]メニュー→[フィッティング]をONにすると縦一列表示になり、実際に公開した時の作品の全体図が分かりやすくなります。

 

※[ページ管理]ウィンドウの基本的な操作方法については、以下の講座で解説しています。

 

キャンバス上でプレビュー表示する[Webtoon用表示枠]

[表示]メニュー→[Webtoon用表示枠]をONにすることで、スマ―トフォンの画面比率でのキャンバスの見え方を確認できます。

 

[Webtoon用表示枠の設定]から、比率と[Webtoon表示範囲外を塗りつぶす]かどうかを変更できます。

 

スマートフォンでプレビュー表示する -ver1.12.0-

コンパニオンモードのWebtoonプレビュー機能を使用すると、作成中の Webtoon 作品をスマートフォンでプレビューできます。実際の閲覧環境に近い状態で確認でき、編集がリアルタイムで反映されます。

 

※コンパニオンモードについて、詳しくは以下で解説しています。

 

コンパニオンモードで接続中の画面で、Webtoonプレビュー機能切り替えボタンをタップすると、接続先のパソコンやタブレットで表示しているキャンバスをWebtoonプレビューできます。

 

複数ページ作品は横サイズを画面にフィットさせた状態で、全ページをスクロールして見ることができます。

 

Webtoonに限らず、イラストや複数ページのマンガ作品もスマートフォンでプレビューできます。

複数ページのマンガ作品は、Webtoon同様に縦方向にスクロールして閲覧します。また、ページ管理された作品のページを単体で開いている場合も、作品のすべてのページをプレビューできます。

▲CLIP STUDIO PAINTでは複数ページ作品の1ページしか開いていない状態でも、全ページがプレビュー表示される

 

Webtoonのコマ余白挿入・削除 [EX] -ver.2.0.0-

[キャンバスの高さを変更]を使用すると、キャンバス上の縦方向に余白を挿入したり、描画領域を削除したりできます。

Webtoonでコマの間に新しいコマを追加したい場合や、不要となったコマをカットしたい時に活用できます。

[編集]メニュー→[キャンバスの高さを変更]→[領域を挿入] / [領域を削除]を選択すると、ダイアログが表示されます。

[起点]の位置と[高さ]を数値で指定できます。

 

 

キャンバスに表示された枠を動かすことでも位置を調整できます。

 

 

[領域を挿入]は青い枠、[領域を削除]は赤い枠で範囲が表示されます。

 

 

[キャンバスの高さを変更]はレイヤーの種類によって動作が異なります。

・ラスターレイヤー、ベクターレイヤー、選択範囲レイヤー、クイックマスクレイヤーの場合選択した範囲にそのまま[領域を挿入] / [領域を削除]が行われます。

 

 

[領域を挿入]

 

 

[領域を削除]

 

 

・グラデーションレイヤーの場合

[キャンバスの高さを変更]の枠がグラデーションの始点・終点の間にある場合は、[領域を挿入] / [領域を削除]した分だけ終点が移動します。

 

 

・コマ枠フォルダーの場合

コマ上に[キャンバスの高さを変更]の枠がある場合、コマ枠の高さが[領域を挿入] / [領域を削除]した分だけ上下に伸び縮みします。

 

[領域を削除]

 

 

・画像素材、テキスト、フキダシ、定規、ファイルオブジェクトレイヤー、流線レイヤー、集中線レイヤーの場合

 

[領域を挿入]の場合、矩形の起点がこれらの上に少しでも跨っていても分割も移動もしません。

[領域を削除]の場合は、矩形の起点がこれらの外接矩形に少しでも跨っている場合でも削除されません。

 

[領域を削除]

 

 

[領域を挿入] / [領域を削除]の矩形の起点がレイヤーの一部に被っている場合は、[領域を挿入] / [領域を削除]にともない上下に移動します。

※図形によっては、まばら集中線のように外接矩形がキャンバス全体を持つものもあります。この場合、[領域を挿入] / [領域を削除]をおこなっても見た目の変化が何も起きない場合があります。

 

・べた塗りレイヤー、色調補正レイヤー、3Dレイヤー、旧3Dレイヤー(モバイル版を除く)の場合

 

レイヤー自体は、どのような操作をおこなっても何も変化しません。

ただし、レイヤーに割り振られたマスクについては、[領域を挿入]の場合は、空白が挿入されます。

 

キャンバスを縦に分割して画像出力できる[Webtoon書き出し]

[Webtoon書き出し]ダイアログでは、Webtoon用に作成した縦長のキャンバスを複数の画像に分割して書き出すことができます。

書き出す際の高さは任意の数値に設定できます。

▲20,000pxの作品ファイルを、3000pxずつ縦に分割して書き出した例。

 

Webtoon用の分割書き出しは、[ファイル]メニュー→[Webtoon書き出し]で設定できます。

 

[ファイル出力設定]→[縦に分割して出力]にチェックを入れることで、設定したピクセル数で画像を分割して書き出すことができます。

 

EX版では、複数ページ作品ファイルを出力する際、以下の3通りの設定から選択できます。

・[ページごとに出力]

・[縦に連結して出力]

・[縦に分割して出力]

 

複数ページ作品を[縦に分割して出力]すると、すべてのページを連結した上で分割されます。

▲5ページのファイルを、4ファイルに分割して書き出した例

 

Webtoonの作品ファイルをSHAREで公開できる

汎用画像形式(.jpg/.pngなど)で書き出したWebtoon作品はブラウザからアップロードできます。複数の画像ファイルを読み込んで1作品としてアップロードすることができます。

 

CLIP STUDIO SHARE

 

Ver1.10.5からは、CLIP STUDIOからWebtoon形式の作品ファイル(.clip/.cmc)を直接SHAREへ出力して公開できるようになりました。

※.clipファイルは1ファイルのみ対応。

▲[CLIP STUDIO SHARE]画面から、[作品を公開]→[CLIP STUDIOからアップロード]→[作品アップロードに進む]→[Webtoon作品をアップロードする]

コメント

新着

公式 新着