ClipStudioPaintでアートを印刷するための5つのヒント

1,615 view

前書き

こんにちは!私はBABEODEDです。この投稿では、アートを印刷するためにClip StudioPaintを使用した経験を共有します。今日、画像の公開はデジタルソーシャルメディアを介して行われることがよくあります。それでも、印刷のニーズは依然として利用可能です。いくつかの面でさえ、印刷は独占的な出版媒体として必要です。デジタル出版のニーズとは異なる印刷のニーズに合わせてアートを準備する際に知っておく必要のある基本事項がいくつかあります。キャンバスの設定からカラープロファイルの設定まで。そのため、この投稿では、それらをClip StudioPaintでアートを印刷するための5つのヒントにまとめました。

この投稿が、CSPを使用してアートを印刷することを探している皆さんにとって興味深いヒントになることを願っています。

YouTubeビデオチュートリアル

効果的かつ効率的な手順については、最初から最後までビデオをご覧ください。より多くのビデオチュートリアルを作成するために、[いいね]ボタンと[購読]ボタンをクリックすることを躊躇しないでください。ありがとう:)

https://youtu.be/FWk26OTtCdE

書面による手順をご希望の場合は、この投稿を読んで完了してください。

#1裁ち落としでキャンバスサイズを設定する

通常、作業前にキャンバスのサイズを決定するために、公開する寸法と同じ寸法を定義できます。ただし、アートを印刷する場合は、キャンバスのサイズを必要な最終結果よりも大きく設定することをお勧めします。

たとえば、この練習では、最終的な寸法が6インチ×4インチの見積もりカードを作成します。したがって、新しいキャンバスを開始するときは、キャンバスの寸法を必要な最終寸法よりも大きく設定します。必要な最終結果を超える余分な領域は「ブリード」と呼ばれます。

標準の印刷では、裁ち落としサイズは少なくとも3mmから5mmまでである必要があります。または、必要に応じてさらに追加することもできます。したがって、この例では、キャンバスの寸法を6.2インチx4.2インチに設定します。したがって、この作業の裁ち落とし領域は0.2インチです。

寸法を設定した後、印刷のニーズに最適な解像度を設定することも同様に重要です。解像度は、画質を決定する画像のピクセル密度です。したがって、インターネットにダウンロードした画像を強制的に印刷すると、ピクセルの断片が印刷媒体にはっきりと見える「ノイズ」が発生します。

したがって、最終的な印刷が必要に応じて見栄えがするように、画像の解像度はキャンバスを設定した瞬間から決定する必要があります。印刷ニーズの解像度は、少なくとも300 dpi(1インチあたりのドット数)です。使用する印刷媒体の寸法に応じて、それ以上の数を設定できます。印刷メディアが大きいほど、解像度の必要性が高くなります。

#2クロップマーク、トリムライン、裁ち落とし、マージンの設定

プリントショップでは、作品をまとめて印刷することができます。私たちクリエーターは、1つの作品をデザインし、印刷機に作品を複製させて大きなメディアに印刷するだけで済みます。これにより、印刷媒体をカットするプロセスで、必要なサイズに応じたプリントを作成できます。

したがって、作成者として、印刷プロセス中に作業の重要なコンテンツが途切れないように、キャンバス上の安全な領域を知る必要があります。これは、作業のクロップマークとマージンを表示することで実行できます。

クロップマークは、キャンバスの隅にある斜めの線の形のマークです。このマークは、私たちの作品の最終的なサイズの端に接続されているか、「トリムライン」と呼ばれています。切り抜きマークを表示するには、[表示]> [切り抜きマーク/デフォルトの境界線設定]に移動します。

設定ウィンドウが表示されます。 「切り抜きマーク/デフォルトの境界線」チェックボックスをオンにします。 「クロップマーク(仕上げの境界線)」セクションで、必要な最終結果のサイズとともに幅と高さを入力します。この投稿では、最終結果のサイズを6インチ×4インチにする必要があります。「ブリード幅」ではセクション、入力0.1インチ。

クロップマークは、この領域に重要なコンテンツが保存されないように、切り取られて削除される領域である裁ち落とし領域を引き起こします。次に、クロップマークとトリムラインを使用すると、印刷物を簡単に切り取って、重要な領域と捨てることができる領域を区別できます。

次に、[表示]> [クロップマーク/デフォルトの境界線設定]に戻ります。 [デフォルトの境界線(内側)サイズ]セクションで、コンテンツの配置を開始するサイズで幅と高さを入力します。これは、最終結果の端からキャンバス上のコンテンツ、または一般に「マージン」と呼ばれるものまでのスペースまたは距離を残すことを意味します。

マージンサイズについては、必要に応じて調整するか、ブリードと同じサイズにすることができます。たとえば、この投稿では、裁ち落としサイズが0.2インチであるのと同じマージンサイズを使用します。そのため、(内側の)境界線を設定するときに、5.8インチ×3.8インチを入力します。

余白は、完成した印刷物の安全な領域を維持するために非常に重要です。余白は、キャンバスに配置されるデザイン要素の呼吸スペースとしても機能します。

#3安全な場所に設計要素を配置する

これで、キャンバスを埋めるためのアート要素をデザインする準備が整いました。敷設プロセスを簡単にするために、常にレイヤー機能を使用することを忘れないでください。

この実践では、別々のレイヤーであるいくつかのデザイン要素があります。それらの中には、ロゴ、アバター、引用テキスト、タグテキスト、装飾、および無地の背景があります。これらの要素はすべてランダムに保存されているので、作成したマージンルールに従ってレイアウトする方法を説明します。

マージンエッジの右上隅にロゴを保存し、マージンエッジの左上隅にアバターを対称的に保存します。

キャンバスの中央に大きな装飾を残し、縁をブリード領域までマージン領域を超えたままにします。一部の部分が切り取られますが、アートの一部となるのに十分な部分を保存しました。

キャンバスの真ん中に引用テキストを保存します。変換機能[Ctrl + T]を使用して、オブジェクトの中心を確認できます。テキストのどの部分も裁ち落とし領域に入らないようにしてください。

端の下端にある長方形の装飾に入れてください。その上で、タグテキストを左揃えにして、テキストの端が余白の上部にあるロゴと揃うようにします。

OK!これで、作業を印刷する準備が整いました。

#4カラープロファイルの設定

印刷のニーズには、シアン、マゼンタ、イエロー、キー[ブラック]で構成される、プリンターの原色であるCMYKカラープロファイルを使用することが非常に重要です。 CMYKは、顔料の色に影響を与える加法混色の反射が存在するために発生する減法混色です。

RGBカラーとCMYKカラーの違いは非常に明確です。 RGBは光から得られる加法色であるため、すべての色を組み合わせると明るい白色になります。 CMYKは顔料から作られているので、すべての色を組み合わせると黒になります。

CSPは、色表現を使用してキャンバスを実行します。基本色表現としてフルカラーを選択した場合、表示されるカラープロファイルはRGBです。

そのために、アートを印刷する前に、そのカラープロファイルを変換する必要があります。 [表示]> [[下にスクロール]] [カラープロファイル]> [Prewiew設定]に移動します。

設定ウィンドウが表示されます。必要な国の標準に従ってCMYKカラープロファイルを選択します。混乱している場合は、後で色の違いを確認してみてください。この練習では、CMYK:Japan Color 2001Uncoatedを選択しました。

[レンダリングインテント]セクションで、必要なカラーアプローチを選択します。レンダリングインテントは、ディスプレイまたはプリンターに制限がある場合に、画像の一部またはすべての色を調整する色調整システムとして機能します。混乱している場合は、「知覚」を選択してください。これは、人間の目に自然であると見なされるように、色間の視覚的関係を維持するために色アプローチが選択されることを意味します。

「使用するライブラリ」で「IccLibrary」を選択します。 ICCはInternationalColor Consortiumの略で、使用するデバイスの色の入力と出力を定義するデータです。期待どおりに正確な色を生成するには、各デバイスで同じカラープロファイルを使用することをお勧めします。

必要に応じてトーン補正を行うことができます。 [OK]をクリックして、設定をキャンバスに保存します。

#5印刷に最適なエクスポートファイル形式の選択

色変換を正しく表示するには、公開できるファイルに作業内容をエクスポートする必要があります。印刷のニーズにはTIFFをお勧めします。考慮事項は、これらの形式が詳細の品質と画像の色を維持することです。

TIFFには、これらの画像ファイルが圧縮されていないため、画像の操作および修正プロセスに関連するすべてのデータと情報を保存できるという利点があります。このファイルは、32ビットの色深度の画像を保存することもできます。ただし、このファイルサイズは、他のファイル形式に比べて比較的大きくなります。

エクスポートするには、[ファイル]> [エクスポート(単一レイヤー)]> .tif(TIFF)に移動します。次に、ストレージディレクトリを指定します。

設定ウィンドウが表示されます。印刷にクロップマークを追加する場合は、[出力画像]セクションで[クロップマーク]を確認できます。

[色]セクションで、[式]の色をCMYK色に変更します。次に、「埋め込みICCプロファイル」を確認します。必要に応じて他の部品を調整します。次に、[OK]をクリックして画像を保存します。

OK!私が共有できるのはそれだけです。それがお役に立てば幸いです。さらにヒントを提供するために私をサポートしてください。
私のYouTubeチャンネルを購読する:

https://youtube.com/BABEODED/

コメント

新着

公式 新着