2.線画-人物

10,674 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]ペンの設定

線画に使用するペンを設定します。

ラフで使用したペンと同様に、[筆]ツール→[水彩]→[濃い水彩]をベースに、カスタムしました。


まずは[濃い水彩]サブツールを複製し名前を「スリム線」に変え、OKを押します。


[サブツール詳細]パレットで詳細を設定していきます。


■詳細設定1:[ブラシサイズ]を「5.9」に設定。


■詳細設定2:[インク]→[下地混色]のチェックを外します。


■詳細設定3:[アンチエイリアス]の設定を[弱]に設定します。


■詳細設定4:[ブラシ形状]カテゴリで[ペン]を選択し、[ブラシ形状を適用]をクリックします。


■詳細設定5:[入り抜き]で入り抜きの効果を設定します。

初期状態で[なし]が表示されている部分をクリックし、開いた[入り抜き影響元設定]で[ブラシサイズ]にチェックを入れます。さらに「入り」「抜き」「速度による入り抜き」にチェックを入れ、完了です。


細くスラスラとした線になりました。


[2]レイヤーの準備

ラフのレイヤーフォルダーの透明度を、レイヤーパレットの右上のバーから「100%」→「15%」に下げます。


これでペン入れしやすくなりました。


[3]人物のペン入れ

ラフのレイヤーの上に、レイヤーフォルダーを作成し、その中にレイヤーを新規作成します。


フォルダー名は「線画」にしました。レイヤー名は必要に応じて変更していくと便利です。


ラフを表示したまま、工程[1]で作成したブラシで、メインになる人物の線画から描きます。


髪などの流れが必要な線は、ざっくりした線から、徐々に決めていきます。


人を描くときは線画フォルダ「人」レイヤーの下に「ポーズ補助」レイヤーを新規作成し、人物のポーズがおかしくないか、補助線を引いて確かめながら描いています。


また、微調整の多い手の部分は作業をしやすくするため、レイヤーを分けています。


人物の線画がある程度完成したら、「人」フォルダーを作成し、まとめておきます。


その際「ポーズ補助」レイヤーは不要なので削除します。


人物の線画が描けました。


次回は、小物や背景の線画を描いていきます。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着