PCとiPad間でCLIP STUDIO PAINTの作品を共有する方法を解説します。

CLIP STUDIOの「クラウドサービス」を利用する

CLIP STUDIOの「クラウドサービス」は、作成した作品や素材、ソフトウェア設定を異なる環境と共有することができるオンラインサービスです。
利用する場合は、[CLIP STUDIO PAINT]メニュー→[CLIP STUDIOを開く]でCLIP STUDIOを表示して、ログインしておく必要があります。

CLIP STUDIOの[作品管理]をタップし、作品管理画面を表示します。


■iPadで描いた作品を他の環境で編集できるようにする

CLIPクラウドにiPadで描いた作品をアップロードしておくと、他の環境にダウンロードして、作品を編集できます。
CLIPクラウドにiPadで描いた作品をアップロードするには、作品管理画面の[この端末]をタップします。

共有したい作品の[いますぐ同期]をタップすると、クラウドに作品がアップロードされます。

[クラウド]をタップして、アップロードした作品が表示されていれば、完了です。
CLIPクラウドに作品をアップロードしておくと、iPadで描いた作品のバックアップを取ることもできます。


■PCで描いた作品をiPadで編集する

PCで描いた作品をCLIPクラウドにアップロードしておくと、iPadにダウンロードして作品を編集できます。

CLIPクラウドからiPadに作品をダウンロードするには、作品管理画面の[クラウド]をタップします。
編集したい作品の[新規ダウンロード]または[上書きダウンロード]をタップします。

[この端末]をタップして、ダウンロードした作品が表示されていれば、完了です。
ダウンロードした作品をダブルタップすると、CLIP STUDIO PAINTで作品を開けます。

また、ダウンロードした作品はCLIP STUDIO PAINTの[ファイル操作・共有]や[開く]にも表示されます。

CLIP STUDIOの「クラウドサービス」では、制作した作品や素材を他の環境で使用できます。
また自動同期機能を使用して、作品のバックアップにも利用可能です。
詳しい使い方は、以下リンク先のページをご覧ください。

※容量は最大10GBまでです。一年以上CLIPクラウドに通信を行わなかったCLIP STUDIOアカウントのクラウドデータは削除されます。
※CLIP STUDIO PAINT EX for iPadのご利用期間中は、クラウドサービスの容量が最大100GBまで拡張されます。6か月の無料体験期間も含みます。

その他のサービスを利用する

作品データの共有だけなら、CLIP STUDIOの「クラウドサービス」以外でも可能です。

PCとiPad間で作品を共有する場合、その作品が単一のファイルか、複数ページの作品ファイルかによって、共有方法が異なります。
複数ページの作品ファイルや、複数の作品を一度に共有したい場合はiTunes(Windowsでも使用可能)を使用します。
詳しくは以下をご覧ください。

clip形式、psd形式のイラストやjpg等の汎用画像、ムービー(mp4・mov)、オーディオ(wav・mp3・ogg)など、単一ファイルの場合は、DropboxやOneDriveなどのオンラインストレージサービスや、AirDrop(macOS)で共有できます。
※作品ファイルは各端末にコピーして共有されます。PCとiPadで同一のファイルをオンライン上で編集することはできません。

単一のファイルを共有する場合

■ オンラインストレージ上の作品をiPadのCLIP STUDIO PAINTで開く

①iPadのDropboxやOneDrive等のアプリを起動し、PCでアップロードした作品ファイルを表示します。

②作品ファイルをタップしてCLIP STUDIO PAINTへエクスポート(ダウンロード)します。

・Dropboxの場合
ファイルを選択し、上部バー右端にあるアイコン「…」をタップして表示されるメニューから「エクスポート」をタップします。
表示されるアイコンから「別のアプリを開く」をタップします。

・OneDriveの場合
ファイルを選択し、上部バーの「エクスポート」アイコンをタップします。
表示されるアイコンから「ファイルの送信」をタップします。

③再度アイコン一覧が表示されたら、「Clip Studioにコピー」のアイコンをタップしてファイルをコピーします。
※「Clip Studioにコピー」アイコンが表示されていない場合は「その他」をタップして選択します。

④ファイルがコピーされると自動的にPAINTが起動して作品が表示されます。
また、[ファイル]メニュー→[ファイル操作・共有]で共有されたファイルを確認できます。


⑤共有されたファイルは、PAINTで開くとCLIP STUDIOの[作品管理]に表示されるようになります。


■ ipadで制作・編集した作品をストレージサービスへアップロードする

[ファイル]メニュー→[ファイル操作・共有]でアップロードしたい作品を選択し、[共有]をタップして共有設定を表示します。

・Dropboxの場合
共有設定で[Dropboxにコピー]または[Dropboxに保存]から、1ファイルずつアップロードできます。保存場所に同名ファイルがある場合は上書きされます。

・OneDriveの場合
共有設定で[OneDrive]アイコンをタップしてドライブ上の保存場所を選択します。1ファイルずつアップロードできます。保存場所に同名ファイルがある場合は別名で保存されます。