2.作業環境を作る_設定変更(動画編)

8,027 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

本講座では日本アニメーション株式会社のデジタル作画作業のやり方を基本に、CLIP STUDIO PAINTでのアニメーション制作工程を説明していきます。

*この記事は日本語です。 日本語以外のサイトでは、機械翻訳されています。


前回に続いて、作業環境を設定していきます。

よく使用するツール、メニューコマンド、オートアクション、描画色などの機能を登録できる[コマンドバー]をカスタマイズしていきましょう。

※この設定は一度行えば、次からは再設定する必要がありません。

[1]コマンドバーの設定

アニメーション作業をしやすい環境を作るため、[コマンドバー]に作画に便利なツールやオートアクションを登録していきましょう。

 ■1. コマンドを追加する

[コマンドバー]は画面上部に表示されている道具箱です。前回「Na_動画用ワークスペース」を読み込んだことで、いくつかのツールが配置されています。


ここに先ほどダウンロードした「Na_オートアクションver03」に含まれるオートアクションを登録していきます。

① [オートアクション]パレットから「最前面へ」を選択して[コマンドバー]にドラッグ&ドロップすると、オートアクションがコマンドバーに登録されます。
※[オートアクション]パレットが表示されていない場合は、[ウィンドウ]メニュー→[オートアクション]を選択し、表示させてください。


②同様の手順で上からオートアクションを順番に追加していきます。


<アイコン設定>
オートアクションは[コマンドバー]に追加すると全て同じアイコンになってしまうため、アイコンも同時に設定していきます。

①アイコンは以下のURLからダウンロードしてください。
こちらのURLからアイコン画像をダウンロードして、PC上の[ドキュメント]など自分で分かりやすい場所に保存します。

https://vd.clip-studio.com/clipcontent/lib/howto_download/clipstudio/NA_Icon.zip


②[コマンドバー]に追加した[撮影指定フォルダ作成]のコマンドアイコンを右クリックして[アイコン設定]を押します。
(iPad では、エッジキーボードか手持ちのキーボードの「Control」キーを押しながらクリックすることで同様の操作ができます。)


③[アイコン設定]の[画像ファイルを指定]をクリックします。


④ダウンロードしたアイコンの「32_up」を選択して[OK]を押します。


アイコンが指定されました。


⑤これを繰り返して「32_up(最前面へ)」~「49_1-3-2(中割り後詰め(1/3))」までをコマンドバーに登録しましょう。アイコン対比は以下の通りです。


※「レイヤー貼り付け」は後の工程で[選択範囲ランチャー]に登録します。コマンドバーには登録しません。



<コマンドの整理>
[コマンドバー]に登録したアイコンは登録する際重ねた位置にドロップすると、アイコンを重ねる事ができます。

以下の手順で、[コマンドバー]に登録した後に重ねることもできます。
①windowsでは「Ctrl」キーを押しながら、コマンドを重ねます。(Macやipad では、「Command」キーを押しながらドラッグします)
使用している端末によっては[コマンドバー]の長さにも限りがあるので適度に重ねてすっきりさせましょう。


②いくつかのアイコンを重ねて以下のように設定しました。


③[コマンドバー]に登録したツールを並び替えました。はじめは作業工程毎にある程度ツールをまとめておくと使い方が覚えやすいです。


コマンドバーがこのようになりました。


【POINT】
読み込んだワークスペースの[コマンドバー]には以下のツールが設定されます。
これらのツールを削除している場合は反映されないため、講座と同じ設定にする場合は手動で追加してください。
・[ペン]→[ペン]→[Gペン]
・[消しゴム]→[消しゴム]→[固め]
・[図形]→[直接描画]→[曲線]
・[図形]→[直接描画]→[楕円]

※初期サブツールは以下の手順で追加できます。

https://support.clip-studio.com/ja-jp/faq/articles/20190018

 ■2. コマンドのアイコン設定

[コマンドバー]に追加されているメニュー、ツールのアイコンを、分かりやすく設定変更します。


<アイコンの背景色設定>

[タイムラインパレットを表示][セルを一括指定][セル指定の削除]はデフォルトのアイコンを使用しますが、アイコンの背景色を変更することで分かりやすくします。

①[タイムラインパレットを表示]を右クリックします。


②[アイコン設定]ダイアログで[アイコンの背景色]にチェックを入れると、右側のカラー表示部を押すことで好きな色を選択できるようになります。

今回[タイムライン]操作系のツールはR:246,G:209,B:226に統一しようと思います。


③色が指定できたら[OK]を押します。


④[OK]を押して[アイコン設定]ダイアログを閉じます。

[タイムラインパレットを表示]の背景色が任意の色になりました。


⑥同様の操作で[再生・停止][セルを一括指定][トラック上の削除]にも同じ色を指定します。



<アイコンの置き換え>

①CLIPSTUDIOPAINT内でアイコンが重複しているものにダウンロードしたアイコンを割り当てて行きます。(アイコンカスタムはお好みでご使用ください。)
「タイムシート情報の読み込み」を「55_timesheet-load」に「対応するすべてのセルを作成」を「56_timesheet-cell」に割り当てます。


②[タイムライン編集]は「53_komaokuri」です。


[タイムライン編集]のみ、右クリックしたメニューから[サブツール設定]を選択し、ダイアログの[ユーザー設定]の項目から任意のアイコンを指定します。


[コマンドバー]がこのようになりました。

 ■3. 描画色を追加する

影塗り用に使用する描画色は初期状態で4色登録されています。この色は仕上げ用に広く使用されている「Paintman」というソフトと互換性のある描画色です。


[コマンドバー]に、ダウンロードした「Na_アニメカラーセット」から色を追加してみましょう。

①[ウィンドウ]メニュー→[カラーセット]を選択すると、[カラーセット]パレットが表示されます。


②右上の[メニュー表示]を押して、[カラーセット素材を読み込み]をクリックします。


③[カラーセット素材を読み込み]ダイアログで、ダウンロードした素材の中から「NA_アニメカラーセット」を選択して[OK]を押します。


「Na_アニメカラーセット」が登録されました。ここには実線2色(黒、鉛筆色)と色トレス3色(赤、緑、青)、影塗り用8色が入っています。



【POINT】
色トレス線と影色は、仕上げで使用する「PaintMan」と互換性のある色になるため、これらの色を使用する事をおススメします。


④作業の度に[カラーセット]パレットを出さなくていいように、描画色を[コマンドバー]に追加します。[カラーセット]パレットから「影塗り用のオレンジ(R:255 G:128 B:0)」をクリックします。


[描画色]のメインカラーが、クリックした色に変更されます。

⑤[コマンドバー]を右クリックして、メニューから[描画色を追加]を選択します。


先ほど[カラーセット]パレットで選択した色が[コマンドバー]に追加されます。
[コマンドバー]に追加されているピンク色の描画色の上で右クリックしたことで、右隣に追加されました。


⑥追加されたオレンジの描画色を、「Ctrl」キー(Macでは「Command」キー)を押しながらピンクの描画色にドラッグして重ねることで、影塗り用の描画色が並べられるので便利です。


これで[コマンドバー]の基本的なカスタマイズは終了です。


【POINT】[Gペン][曲線][楕円][消しゴム][取り消し][塗りつぶし]などの既存のツールもアイコンに背景色を付けるとより視覚的に分かりやすくなります。


ツール類は[コマンドバー]に登録してあるので、[ツール]パレット等は閉じてしまって大丈夫です。もう使用しないパレットは全て閉じてしまいましょう。

[2]ショートカットの設定

読み込んだ「Na_動画用ワークスペース」ワークスペースにもいくつかのショートカットは登録されていますが、配布素材から読み込んだ[ツール]や[オートアクション]にはショートカットが設定されていません。

[オートアクション]にショートカットを設定していきます。

①[ファイル]メニュー→[ショートカット設定]を選択します。


②表示される[ショートカット設定]ダイアログの[設定領域]を[メインメニュー]から、横の▼を押して[オートアクション] に切り替えます。


③「Na_オートアクションver03」の左横の▷を押し、リストを開きます。


「Na_オートアクションver03」内のコマンドにショートカットを割り当てます。

【POINT】
編集したい項目の行を選択し、ボタンをクリックすると、ショートカットを編集できる状態になります。設定したいショートカットをキー入力し、[Enter]キーを押すと、ショートカットを変更できます。

④試しに「レイヤー貼り付け」を選択してショートカット設定してみましょう。「レイヤー貼り付け」をクリックすると、ショートカットを編集できる状態になります。

⑤キーボードで「Ctrl」キー+「V」と入力し、「Enter」を押します。


「レイヤー貼り付け」のコマンドがキーボードショートカットの「Ctrl+V」に割り当てられました。

⑥同様の方法で他オートアクションについてもやりやすいようにショートカットをカスタムしてみましょう。


【POINT】
以下はキーボードの推奨ショートカット表です。
よく使うツールにはショートカットが割り当ててあります。ショートカットは初めから覚える必要はありませんが、使用に慣れると大変便利です。
ショートカット作成の参考に使用してください。

[3]環境設定

CLIP STUDIO PAINTの環境設定を確認していきます。

①[ファイル]メニューから[環境設定]を選択し、[環境設定]ダイアログを表示します。

【POINT】
ver1.9.11から、図形ツールのオプションがより細かく選択できるようになりました。日本アニメーション株式会社では[図形ツールで作成途中の表示]を[描画結果]にして使用しています。


②[タブレット]の項目から、設定が各自の環境の推奨設定になっているかどうか確認しましょう。一般的な外付けのペンタブレットを使用されている方は[Wintab]に設定します。その他の設定はチェックを入れなくて大丈夫です。(ペンタブレットのドライバーは各メーカーのHPからダウンロードしてインストールしておいてください)


③[カーソル]の項目からはペン先の形を設定できます。
ブラシ系カーソル、ペン系カーソルで広く使われているのは[十字カーソル][ブラシサイズ]かと思います。(液晶ペンタブレットの場合は[なし]でもいいでしょう)

消しゴムは[ブラシサイズ] に設定していると、消しゴムの大きさが分かるので使用しやすいです。各自、使いやすい設定に変更してください。


④[定規、単位]の項目から[単位]を[mm]を推奨します。


⑤[キャンバス]項目の設定です。表示品質は[高品質]を推奨します。

液晶ペンタブレットを使用される場合、[環境設定]で最も重要になるのが[ディスプレイ解像度]です。[ディスプレイ解像度]の[設定]を押すとルーラーが表示されます。

表示されたルーラーが、実際の定規と同じサイズになるように、画面の上で重ね合わせてスライダーを調整してください。

重要な設定のため忘れずに設定しておきましょう。

⑥[OK]を押して[環境設定]ダイアログを閉じると、設定が反映されます。


<設定内容の反映>

PCのフリーズや強制終了によりCLIP STUDIO PAINTが強制終了された場合、変更した設定が消えてしまうことがあります。設定が終わったら、 [ファイル]メニュー→[CLIP STUDIO PAINTを終了] でソフトを一度終了して、もう一度起動させておくと良いでしょう。

【POINT】
ワークスペースに変更を加える前のデータを復元したい際は、[ウィンドウ]メニュー→[ワークスペース]→["Na_動画用ワークスペース"を再読み込み]を選択すると、最初に登録したときのワークスペースの状態に戻せます。


<設定のバックアップ>

今回CLIP STUDIO PAINTで設定した項目は、アプリ設定としてクラウド上に保存することができます。
保存した設定は、同じアカウントからログインすることで、他のPCにも設定を復元することが可能です。
パソコンがクラッシュした際も、クラウドに設定を保存しておけば、いつでも復元できます。設定のバックアップの方法について簡単に説明します。

①[CLIP STUDIO]を起動し、ログインしてください。


②画面右上の[クラウド]をクリックします。


③[クラウド]のメニューが表示されるので、[アプリ設定のバックアップをいますぐ行う]を押してください。


④ダイアログが表示されるので、確認して[OK]を押すとアプリのバックアップが始まり、クラウド上に[ワークスペース][コマンドバー][ツール]の設定が保存されます。


※CLIP STUDIO PAINTが起動しているとバックアップできないので、ソフトは一度終了させましょう。



<設定の復元>

①設定を復元する際は、[クラウド]メニューの[アプリ設定を復元する]をクリックします。


②バックアップした日にちや、時間などが表示されるので、復元したいデータを選択します。


③以下のダイアログが表示されるので、確認して[OK]を押すと設定の復元が開始されます。


[クラウド]には作品等も保存できます。詳しくは「クラウドサービスの使い方」をご参照ください。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/series/73


これで講座のための準備は終了です。次回からは、実作業に入ります。

コメント

関連する記事

新着

公式 新着