4. ステーキを描く 粗いディティール編

13,589 view
ClipStudioOfficial

ClipStudioOfficial

[1]粗いディティールを描き込むレイヤー

ベースカラーのレイヤーの上に新規で「ディティール」レイヤーを作成します。

「ディティール」レイヤーを選択した状態で[レイヤー]パレットの上部[コマンドバー]にある[下のレイヤーでクリッピング]を設定し、ベースカラーのレイヤーから塗った色がはみ出ないようにします。


[2]粗いディティールを描き込む

ディティールの描き込みには[筆]ツール→[水彩]→[にじみ縁水彩]のみを使います。

キャンバス上部に配置したパレットから[スポイト]ツールで近い色を選び、粗くディティールを描いていきましょう。


粗いディティールは、詳細を描き込むための下準備です。

詳細に描き込むときに迷わないように、この段階ではディティールの位置をしっかり取っておくことを心がけます。


描き込みすぎると全体のバランスが取りづらくなるため、下図のステーキくらいの状態が目安です。


ディティールの位置と同時に、彩度や明るさもコントロールしていくので配色にも気を配ります。

ベースの配色ができてしまえば、あとは[スポイト]ツールで周辺の色をピックアップしながら描いていけるため、作業効率も上がります。


全体を同じくらい描き進めたら、粗いディティールの描き込みは終了です。

コメント

新着

公式 新着